第7回研究助成先:助成活動|キヤノン財団

第7回研究助成先:助成活動|キヤノン財団

HOME研究助成先・成果報告 > 第7回研究助成先

第7回研究助成先

研究助成プログラム「産業基盤の創生」

研究テーマ 所属機関
職位 氏名
助成金額
(千円)
研究期間
1 ポリヒスチジンを利用した次世代育種基盤技術の創生 鳥取大学
助教 岩崎崇
15,000 2年
2 量子揺らぎ制御に基づく高性能光アナログ-デジタル変換の研究 大阪大学
准教授 小西毅
15,000 2年
3 水中のサンプルを多色観察できる走査電子顕微鏡システムの開発 産業技術総合研究所
研究グループ長
佐藤主税
11,000 2年
4 DNAエピゲノム解析に向けた1分子表面増強ラマン分光技術 神戸大学
准教授 菅野公二
15,000 2年
5 単分子強誘電素子の開発 広島大学
准教授 西原禎文
9,000 2年
6 窒素ドープ酸化亜鉛ナノ粒子塗布型紫外線LEDの高性能化 島根大学
教授 藤田恭久
14,000 2年
7 樹木種子の高発芽率化技術に関する研究 九州大学
助教 松田修
11,000 2年
8 無細胞DNA組換え系を用いた人工蛋白質創製技術の確立 理化学研究所
専任研究員 美川務
15,000 2年
9 メタマテリアルと量子ドットを用いた極小単一光子放出器の創出 横浜国立大学
教授 向井剛輝
10,000 2年
10 革新的有機プロト・エレクトロニクス材料およびデバイスの創製 東京大学
教授 森初果
14,000 2年
11 究極の電荷輸送機能を指向した革新的有機半導体パラダイムの創出 九州大学
教授 安田琢麿
14,000 2年
12 環状高分子を利用した新奇刺激応答型DDS材料の開発 北海道大学
准教授 山本拓矢
8,000 2年
13 金属糊を用いた還元ガスを不要とする革新的銅接合材料 北海道大学
教授 米澤徹
14,000 2年

(所属機関・職位は採択時のもの・五十音順)

研究助成プログラム「理想の追求」

研究テーマ 所属機関
職位 氏名
助成金額
(千円)
研究期間
1 食糧問題軽減を目指したイネの分子育種と特性評価 名古屋大学
教授 芦苅基行
25,000 3年
2 食品成分の腸内細菌変換による健康増進効果の遺伝学的解析 石川県立大学
寄附講座 准教授
栗原新
17,000 3年
3 牛肉生産システムの大構造改革:科学と国土をフル活用した大革新 九州大学
准教授 後藤貴文
23,000 3年
4 フロリゲンを活用して地球温暖化に強い作物を創るための基礎研究 横浜市立大学
講師 辻寛之
17,000 3年

(所属機関・職位は採択時のもの・五十音順)