FAQs|キヤノン財団

FAQs|キヤノン財団

HOME > FAQs

応募について

応募対象について

どのような人が応募できますか。

募集要項に記載された規定の機関に所属し、研究助成期間終了まで研究を続けられる方が対象です。詳しくは募集要項(産業基盤の創生理想の追求)をご確認ください。

申請者が、他の研究者の申請する研究の共同研究者になることはできますか。

申請者が他の申請の共同研究者となることは問題ありません。

日本語以外の応募について

英文での申請、その後の選考会で英語の面接は可能ですか。

応募書類は日本語での記入が原則ですが、日本語による記入やプレゼンテーションが困難な場合は、英語の使用は可能です。但し、電子申請/申請書の「研究テーマ名」については必ず日本語で表記してください。
英語用の申請書フォーマットはありませんので、日本語の用紙に英語で記入ください。
申込書(共同研究者用)は英語用のフォーマットをキヤノン財団で用意していますので、問い合わせください。

プロジェクトについて

研究助成プログラム「理想の追求」の応募の際に「異分野」の研究者とプロジェクトを組むというのは、かけ離れた分野(社会系と工学系など)を扱う研究者同士が求められているのでしょうか。

必ずしもかけ離れた分野である必要はありませんが、総合的な視点から課題解決を目指す研究を設定していますので、離れた分野も含む幅広い人材を集めたプロジェクトをご検討ください。

共同研究者について

共同研究者の人数やその所属機関の種類に制限はありますか。

人数、所属機関の制限はありません(民間機関や公益法人なども可)。但し、申請者が研究の遂行に必要と認め、その研究実施、および研究費の管理を行うことが条件となります。

共同研究者に海外の研究者を入れたいのですが、研究費を割り当てることは可能ですか。

海外の研究者を共同研究者とすることや、研究費を割り当てることは可能です。但し、海外の研究者への送金および予算管理、進捗管理を申請者にお願いすることになります。

研究助成期間について

「理想の追求」研究助成の期間を2年間とすることはできますか。

2年間を希望する場合は、キヤノン財団ホームページの「お問い合わせ」から事務局にご連絡ください。

申請書の記入について

地域貢献枠について

研究助成プログラム「産業基盤の創生」の申請書の地域貢献枠には、どのような事を記載するのでしょうか。

必ず記載する項目ではありませんが、申請される研究が特定な地域(県単位、地域単位)に貢献する内容である場合、その地域名および貢献する産業についてご記入ください。

助成申請額

人件費を含めることはできますか。

申請者、共同研究者および研究に直接関わらない事務員の給与は、人件費に含めることはできません。助成研究を担当する任期付き研究員の雇用、学生のアルバイト等には人件費として助成金を使用することができます。

他機関からの研究資金について

申請する研究に関わる研究のみの記載ですか、それとも全て記載するのでしょうか。

申請者が受領中、及び申請中の研究資金の中で総額300万円以上の研究資金をすべてご記入ください。但し、企業からの委託研究のように、機密を守ることが必要な事項を記載する必要はありません。

共同研究者が他機関から受領している研究費も記載する必要がありますか。

共同研究者分は記載する必要はありません。

「図書資料」や「ソフトウエア」の費目は何にしたらよいですか。

費目につきましては、所属機関のルールに準じてください。

申込書の記入について

共同研究者の申込書について

申請時に共同研究者の申込書の提出は必要ですか?

申請時に共同研究者の申込書は不要です。一次選考合格者には共同研究者の申込書の提出をお願いしますので、一次選考合格通知の時にご案内します。

共同研究者が申請者と同じ所属の場合でも別途に上長の承認が必要でしょうか。

共同研究者も個別に所属機関の上長の承認を得て、キヤノン財団にご提出ください。

申込書の捺印

海外の共同研究者にも、申込書の捺印は必ず必要ですか。

上長が印鑑をお持ちでない場合は、サインで結構です。

個人の立場で研究に参加するので、上長がいない場合は、どうすれば宜しいでしょうか。

上長印に代わり本人の個人印を押してください。

電子申請について

電子申請によるトラブル(※トラブルが発生した場合は必ずご連絡ください。)

電子申請後、受付No.の返信が来ていません。

返信にしばらく時間のかかる場合があります。電子申請後24時間以内に返信がない場合は、キヤノン財団ホームページの「お問い合わせ」から受付No.が未着の旨をご連絡お願いします。

電子申請した内容を修正したいのですが、どのようにしたらよいですか。

一度電子申請した内容を申請者が修正することや再度申請することはできません。申請される前に十分注意してお送りください。万が一、誤記や、ファイル送り間違いなどが起こった場合は、キヤノン財団ホームページの「お問い合わせ」から事務局までお問い合わせください。

書類の提出について

書類送付方法

応募書類の郵送は、郵送以外の方法でも可能ですか(バイク便、直接持参など)。その際、到着時刻の制限はありますか。

バイク便、宅配便は可能ですが、業務時間外は受け取ることはできません。尚、直接ご持参いただくことはご遠慮ください。電子申請後郵送となりますので、余裕を持って手続きを行っていただけますようお願い致します。

応募受理メールの受信

応募書類を送付しましたが、応募受理のe-mailが届いていません。

応募書類を確認後にe-mailを送信しますので、しばらくお待ちください。1週間を過ぎても応募受理のe-mailが届かない場合は「お問い合わせ」からご連絡ください。

助成金支払について

申請者への支払方法

助成金はどのような形で大学に入金されるのですか。

各大学で取り扱いが異なりますが、寄附として納める場合が多いようです。

共同研究者への支払方法

分配する額を、直接共同研究者に振り込みいただくことは可能でしょうか。

共同研究者が国内の大学や公的研究機関の場合は、キヤノン財団から分配して支払いをすることは可能です。共同研究者が民間企業や海外の研究機関の場合はキヤノン財団から分配できませんので、申請者が研究費の分配方法をご検討ください。